こんにちは、ケンヤ(@keysTtime)です。

もうすぐ2019年が終わりますね。
わたしは今年が鉄道フリーランス2年目でした。

まだまだ自分は発展途上だ思っていますが、それでも、今年は劇的に変わった1年だったようにも思います。

今回は、フリーランス2年目を振り返っての感想をお話しましょう。

なお、文字だけではなんか寂しいので適当に鉄道写真を添えますが、写真と本文に特に関係性はありません。




取材の幅が広がった

昨年は、クラウドソーシングから仕事を始めて、著名なメディアでははまれぽさんにお世話になっていました。

今年は最初だけクラウドソーシングを続けていたものの、現在は案件受注を停止しています。
はまれぽでは現在も活動中ですが、その最中…。
なんとマイナビニュースさんからのお誘いをいただきました!

マイナビニュース初参加の記事(別タブ)では、人生で初めて西武鉄道の「52席の至福」に同乗しました。
仕事で…だけどね。

記事の方も好評だったみたいで、鉄道ライターのやりがいを実感できました。

こんな風に取材で県外に出るようになったのは、わたしにとっても大きな変化だと考えています。

さらに、J-CASTニュースさんでは、初めての電話による取材協力もさせてもらいました。
やたら緊張してしまった後悔があるんですが、これも一業務だということを実感。
この後悔をバネにして、またの機会にはより良い協力をできれば何より!

少しずつだけど、著名媒体への参加機会が若くして(自分で言うな)増えているのはとても嬉しく、そして光栄なことです。

 

仲間が増えた

今年だけで、記者仲間フリーランス仲間鉄道会社の中の人書籍で名前を見て密かに憧れてた人
いろんな方々と知り合うことができました。

ベテランの方と同じ現場で自分も取材し、それぞれの記事を書く。
そんなの、子どもの頃は別世界だと思っていたけど、今は十分近づけているんじゃないかと思っています。

その繰り返しで仕事への学びを深めて、より良い鉄道ライティングを目指します。

そしてわたしと同じ、若くしてフリーランスをやってる人とも交流できたのは非常に嬉しいことでした。
自分と同じ年代の人の頑張りはこれでもかという刺激になります!

本当に、多方面から刺激を受けたり、多くを学べる環境にたどり着けたのかもしれません。
ならば次は、自分の学びをどんどんアウトプットする番じゃないかと。

 

ブログを少しずつ充実させてきた

他媒体参加の合間を縫って、当サイトのブログ記事も増やすことができました。

他媒体参加の機会がありそうでなかった話題も多かったので、それらを私的範囲で、ブログ記事としてカバーできたかなぁと思うところです。

Nゲージのお話もちょこちょこ挟みましたね。
ミニレイアウトや、鉄道コレクション「ひえい」の記事は特に多くの方に読んでいただけたようで、うれしい限り。

リアル鉄道の方では、TX-3000系の記事をつくばエクスプレス好きのシンガーソングライターさんが読んでくれた、なんてこともありました。
Twitterに通知が来たときはビックリしましたよ。

その他、記事一覧各SNSシェアボタンプライバシーポリシーなど、ブログ・ステーションを名乗るに必須な要素を整えてきました。

当サイトにはまだ広告がありませんが、今年の調子で来年には広告を貼らせてもらいたいですね!

 

言ったことを守れなかった

でも良いことばかりではありません。

お世話になった中では、これからもっと執筆機会を増やせそうと言っておきながら
全然執筆に参加できなかったこともありました。

ライターの案件には、明確な締め切りがないものもあります。
でも紆余曲折あって、その締切無し案件に時間をかけ過ぎてしまったのです…。

お相手からすれば、急いでなくても迷惑だったことは間違いありません。

このような不手際は自分自身の信用を損なうことに直結します。
フリーランスには致命的です。

そしてこの話、今にして思えば、他案件の合間でもっと早くに終えられたはず。
笑い話無しで非常に重く、そしてお相手に申し訳なく思っています。

なので来年以降は、締切がない案件でもきっちり自分の中で段取りを組み手際よく仕事をこなすように改めて行くつもりです。

わたしと同じ轍を誰も踏まないでくださいね。

 

さいごに

ケンヤにとっての鉄道フリーランス2年目を振り返ってみました。

仕事の幅が広がり人脈が広がって
そして意識の甘さを思い知らされた年だったと実感しています。

それでもこの1年でこれからの方向性が大方決まりました。

今ある執筆環境をより良く活かして、鉄道たちの面白さをもっと発信したい!!!

だから良かったことはこれからも続けて同じ失敗は二度と繰り返さないように、2020年はより良いフリーランス3年目にしたいところです。

今回はここまで。
これが2019年最後のブログ投稿になります。
今年も1年ありがとうございました!