こんにちは、ケンヤ(@keysTtime)です。

今回はいつものライターとしての話ではなく、写真展示にまつわる話です。

タイトルの通り、写真展に参加させていただくことになりました!
江ノ電の腰越(こしごえ)駅が最寄りで「TVチャンピオン」江ノ電王がマスターのお店「喫茶とれいん」にてグループ写真展「軌跡」が2020年12月まで開催中です。
ここに、9月27日からわたしケンヤが加わる形となります。

これは厳密には仕事ではありませんが、鉄道の面白さを伝えたい点では同じですので、それに近い気持ちで取り組んでおります。

せっかくの機会なのでもう少し詳しくお話させていただければ。
良かったら少しおつき合いください。

併用軌道のはずれの小さなお店

「喫茶とれいん」は、「TVチャンピオン」の江ノ電王がマスターを務める喫茶店で、江ノ電を中心とした鉄道模型や鉄道関係の展示が多数並ぶ、小さいながら鉄道愛にあふれたお店です。

江ノ電江ノ島(えのしま)駅~腰越駅間の併用軌道から一本外れた路地に喫茶とれいんは立地しています。
それでも線路に近い場所にあるため、たまに「ぼぉぉぉん」という警笛も聞こえたり。

実は昨年、はまれぽライターとして取材させていただいています。

2019年2月3日 はまれぽ.com
TVチャンピオン江ノ電王の店も!江ノ電がテーマの店をめぐる

思えばこれが初の対面で、以降も時々お食事がてらに顔を出してたり。
しかし今回はどんな媒体とも関係なく、個人としてやらせていただいてます。

 

毎月写真は入れ替わる

開催中のグループ展「軌跡」では、江ノ電にまつわる写真が10点展示されています。
しかし毎月写真は入れ替わっており、月を改めて訪問すれば、以前とは違う江ノ電の一枚が飾られているのです。

もちろんわたしも例外ではなく、11月・12月と移ろうごとに違う写真に交換していきます。

 

それぞれの視点で切り取る風景

グループ写真展「軌跡」に参加しているメンバーは、主にInstagramで集まった江ノ電ファン。
ひとり1枚ずつ作品を持ち寄り、店内に展示しています。

それぞれが自分なりの視点で江ノ電を観察しており、
たとえば花と電車を絡めた写真や(下の写真はイメージです)

青く爽やかな空の下と海沿いを行く江ノ電の作品(写真はイメージです)。

時には江ノ島(えのしま)~腰越間の併用軌道を写したものも(クドいけど写真はイメージです)

撮る電車が江ノ電ということは全員共通ですが、一人一人の目線や、撮り方によって写真の持つ雰囲気は全く違うのです。
一人一人の視点によって同じ電車や沿線が全く違う雰囲気の写真になること、そこに面白さがあるのかもしれません。

また、中には江ノ電にまつわる書籍を著した方もゲスト参加しております。
そちらはインスタ関係ではないけど非常に貴重な写真を展示しています!

月ごとに写真が入れ替わりますが、参加者の入れ替わりは無く、最後まで同じ面々が江ノ電の風景をお届けします。
各展示のネームには撮影者のInstagramアカウント名QRコードが掲載されていますので、よかったらフォローもお願いします。

 

さいごに

トップページのお知らせ欄より少しだけ詳しく、今回の写真展のことを紹介しました。

わたしは途中から加わらせていただいた(自称)異端児ですが、初月からの参加者各位とともに、江ノ電の面白さを写真でお届けすることに変わりはありません。
展示を通して、作品としての写真への取り組みを暖かく見ていただけたら何よりでございます!

グループ写真展「軌跡」は本年12月までの開催です。
残り期間が短くなってきていますが、どうぞお立ち寄りください!
そして実際に訪問されたあかつきには、ぜひ各参加者のInstagramフォローを!

 
スペシャルサンクス

喫茶とれいん

神奈川県鎌倉市腰越3-21-11
電話番号/0467-31-3671
営業時間/10:00~16:30
定休日/月・火