こんにちは。微妙な空模様が続いて微妙な気分になりがちな、若林(@keysTtime)です。

初めての(個人的)イベントレポートの時間です!もう今更って時期になっちゃいましたが、先日5月20日に東京・人形町の綿商会館にて、ノベルゲーム「まいてつ」のファンイベント「物販可能なぬいハチ会」が行われました!京急さんのファミリー鉄道フェスタとも、静岡のトレインフェスタとも違う、このイベントにお邪魔した時のことを、これからご覧いただきましょう。

※ここで掲載する写真は全て描いた人や持ち主から許可をいただいています。

「まいてつ」とは


そもそもの「まいてつ」とは、2016年にloseから発売されたノベルゲーム。現実でいうと九州に似た架空の世界で、廃止寸前のローカル鉄道と水のきれいな町”御一夜(おひとよ)市”の復興を様々なキャラの視点で描いたストーリーで、ゲームファンだけでなく鉄道ファンからも人気を集めています。ぶっちゃけわたしも鉄道面があってこのゲームに惹かれました(笑)

当時発売の原作はPCゲームとして発売されましたが、今年7月26日にイエティよりPS4版の「まいてつ―pure station―」の発売が決定しており、これからの展開に更なる期待が高まります。先日5月19日(ぬいハチ会の前日!!)には銚子電鉄で予約者の中から選ばれた当選者が参加した、貸切の観光各停「おおはし」などリアルイベントも充実しています。

「ぬいハチ会」とは、このゲームのファンたちがぬいハチを持ち寄ったり、各々の模型などを展示したり、あのコミックマーケットのように同人誌や同人グッズを頒布するイベントになっているのです。

作中に登場するレイルロオド「ハチロク(8620形蒸気機関車)」や「れいな(キハ07形気動車、作中ではキハ07s)」のぬいぐるみが実際にグッズとして発売され、これが”ぬいハチ”あるいは”ぬいれいな”の名の由来になっています。

2017年の1月に板橋で普通の集まりとして開かれたのが最初で、それ以降は人形町に会場が変更された上物販も可能な会合になっています。物販可能な会合としてはこれで3回目、板橋での会も含めれば通算4回目のぬいハチ会になります!

即売会部門


さて、ぬいハチ会の会場は綿商会館の4階です。エレベーターを降りると、さっそくハチロクがお出迎え!有志による手描きです。かわいい!

(ツイッターの名前が入っていたので隠させていただいてます)

受付を済ませたらさぁ1日限りのぬいハチ・ミーティング、デス!!

受付から左にあるのが即売会部門、コミックマーケットみたく出展したサークルによる同人誌や同人グッズの頒布が行われました。ちなみにこのイベントでは、出展者は全員、版権元であるloseに1日版権を申請した上で頒布を行っています。これによって、同人サークルで頒布しているものが正式なまいてつファングッズとして扱われるようになるんです。本も同様です。

ちなみにわたしは今回、合同誌にイラストを寄稿させていただきました。このブログと違うペンネームではありますが。あくまでファンとしての寄稿っていうのが理由です。お金の発生する仕事として何かをやるときは”わかばやしケンヤ”の名でやりますのでご安心を。

同人誌、フィギュア、缶バッジなどなど、多種多様なグッズが頒布されていました!

展示部門


NゲージもHOゲージもあります

続きましては展示部門です。ここでは主にユーザーがまいてつにゆかりある鉄道模型車両、ジオラマなどを持ち込み、展示を行うスペースとなっています。ここでは主に蒸気機関車と気動車が主たるものです。

ちなみにわたしも模型部としてミニレイアウトを展示してました。

600㎜×450㎜のコルクボード上に展開したものです。ここで走らせたのは、Bトレインショーティーの京急230形。以前に、ホビーセンターカトーで静態保存されている同形車にヘッドマークが掲出されたことがあり、それがきっかけで持ってきてみました。ちらほらと見てもらえていたので手ごたえはあったかなってところです。

なお持ち運びはそれなりに大変でした(笑)

ちなみにレイアウト自体が小さいゆえにカーブ半径も小さく、蒸気機関車はまず通れません…。小型車両限定です……

レゴブロックで列車を走らせる!?

この次はレゴブロックです。模型展示とは別にスペースが設けられ、なんとその部屋じゅうをレゴで作られた8620機関車とキハ07形が走り回るという驚きの展示!!

すごいですよコレ!Nゲージよりも大きいので迫力も十分、ここにぬいハチを乗せて走らせるということも行われ、まるでぬいたちが遊園地のアトラクションに乗っているかのようでした。

(…ってよく見たらぬいハチを乗せてる写真が1枚もなかった…、すみません。でも本当にありました。)

ぬいハチ部門


さて最後にぬいハチ部門です。会合名になってるのにいないと意味ないですもんね。

受付から見て右奥、模型スペースと少し離れたところにぬいハチたちを置くスペースが用意され、各ぬいハチオーナーはここに自分のぬいハチを置いています。今回で集まったぬいハチは合計で約100体!!遠目で見ると本当にうじゃうじゃいて誰がどれなんだかって思いたくなるかもですが、それぞれの個体には、自分のものだと分かるような目印がつけられており、そのおかげで撤収時にも迷わないようになってます。

なお一部の方はぬいぐるみじゃなくてドールの持ち込みもしてるんですよ。リアルさ増し増し、かわいいし美しい…!ぬいぐるみとドール、どちらにもそれぞれの可愛さがあるから、一緒に並ぶと思わずいいねっ!って感じる場面もありました。

 

ちなみに今更ですが、このイベントはぬいハチを持っていない人でも参加は自由です!

様々な側面から作品を楽しむ


ここまで見てみると、ぬいハチ会にはキャラクターとしての魅力を見出す人がいれば鉄道に対する情熱を燃やす人もいます。ただひとつだけの面じゃなくて、人によっていろんな側面から作品を楽しむことができ、それをみんなで共有できる場所になってるんじゃないかな、って思います。

まさしくひとつの多様性ですね。

わたしを例にすれば絵を描いたり模型いじったりジオラマ作ったりしてますが、それも作品との一つのつながりなんです。そんなわけでこのイベント、本当にいろんな人がいろんな趣味活をしていることが分かる上、まいてつにゆかりある出展なら誰でも挑戦できるので、個人的には大手鉄道会社のイベントに負けないくらいの楽しさがあるんじゃないかって感じてます。

そしてそして、これほどの規模にまで発展してなおかつコンシューマー版のリメイクが発売される以上、まいてつの広がりはきっともっと拡大していくかもしれません。更なる広がりが楽しみにしつつ、それぞれにできる形でぬいハチ会やゲーム本編を応援していけるといいですね。

お読みいただきありがとうございます!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です