こんにちは、ケンヤ(@keysTtime)です。

2019(令和元)年11月16日、JR山手線京浜東北線の線路切り替え工事が行われました。
その日は初電から16時頃まで山手線は大崎(おおさき)~東京(とうきょう)~上野(うえの)間で運転を見合わせ、京浜東北線は品川(しながわ)~田町(たまち)間で終日運休となりました。

これはJR東日本が発足して以来、となる規模での線路工事だったようです。
わたしはこれを、一般利用の範囲内で私的に取材しておりました。

報道関係としての突っ込んだ内容とは言えないかもしれませんが、
わたし自身の目で見た切り替え工事にまつわるあれこれを、
今回はお届けいたしましょう。

15日までは従来通りの運転

実は前日の15日から写真を撮っておりました。
京浜東北線の北行(大宮方面)はこの日までは3番線からの発着となり、
従来通りの線路を走行していました。

何も言われなければ明日もまたこのホームに電車が行き交うだろう日常的な光景。
しかし次の日にそれは終わりを迎えるため、学生や会社員の人々がちらほら見えていました。

全員ではないものの、気にかける人がいるということが分かります。

なお山手線は、線路切り替え後も発着番線の変更はありません。

 

16日、切り替え工事の時は来た

16日を迎え、ついにその時は来ました。

これに合わせて京浜東北線はそれぞれ、
北行は田町駅で、南行(横浜方面)は品川駅で終日折り返し運転が行われ、
山手線も指定区間では16時まで一切電車が走らないという、
非常に大規模な工事となりました。

わたし、何をトチ狂ったか大寝坊をぶちかまして現地には正午過ぎに来ましたが、
それでもこんな風に工事が進められている真っただ中。

こちらは横浜方面↓
見た感じ架線の点検などを行っていたと思われます。

品川駅構内側↓

橋上のコンコースから見た様子がこちら↓
線路が大きく右曲がりに切り替えられてますね。

作業員や軌陸車を大量動員して、
本当に大規模な作業が行われていました。

 

品川駅では5番線で折り返し

じゃあ、京浜東北線はどうやって折り返してたかというと、
まず品川駅では、南行の5番線に当駅折り返しの電車が入線して、その電車がそのまま引き返す形での運行が行われていました。

この日に限って自動信号機は使われなかったため、
保線さんが手旗で運転士さんに合図を送る方法が採られていました。
発車の際は、軽く警笛を鳴らして発車していくようでした。

 

田町駅ではM字に折り返し

次に、北行は田町駅での折り返しでした。
当駅止まりの電車として4番線に入線。

そして逆方向に発車したと思いきや・・・

なんと東京寄りにある留置線に引き上げ!

そして先行列車が1番線を発車したのち、次の電車がシーサスをわたって1番線に入線する方法で運転されていました。

折り返し運転の関係で、田町駅には新橋(しんばし)駅から回り込む形で向かいましたが、その時に電光掲示板に表示されていたのは全部田町行き

電車の行き先表示も全部田町行き


このエリアでこれほどの工事が行われるのは、
わたしの人生の内あと1~2回あるかもわかりません。

 

山手線の試運転列車が走行

わたしはそのまま田町駅で電車を観察していました。
15時をまわり、山手線が運転再開に近づいている頃合いで、
これまた貴重な山手線の試運転列車が3番線に入線!

切り替えが完了した新しい線路を運行再開前に走らせて、問題がないかを確認していたと思われます。
しばらくの運転停車の後、品川方面に発車していきました。

外回りの試運転列車が出発してまもなく、今度は内回りの試運転列車が入線。
これは16時02分発の当駅始発・内回り電車になって、同時刻まで待機していました。

 

そして山手線は運転再開へ

そのまま16時を迎え、山手線は予定通り全区間での運転を再開しました。

田町駅からは、先ほどの16時02分発の内回り電車をもって運行再開。

外回り電車は16時28分発から運行再開、
・・・だったのですが、外回り電車の再開1番列車が非常に混んでいたため、約6分ほど遅れて同駅に到着することに。
撮れませんでしたが、ホームでの待機列もすさまじかったです。

なお時間の関係で上野駅や大崎駅には行っていません。
そっちでの様子を期待されていたらご期待に添えずすみません…。

 

17日から京浜東北線北行は4番線発着

17日にもなれば山手線・京浜東北線とも線路切り替え工事はひとまず終わり、
両線とも全区間で運転を再開

なお、京浜東北線の北行はこの日より、品川駅では3番線ではなく
4番線からの発着になりました。
進行方向左側のドアが開きます。

 

高輪ゲートウェイ駅に備えて

今回の線路切り替え工事によって、
山手線も京浜東北線も、2020年開業予定の高輪(たかなわ)ゲートウェイ駅を通るようになりました。

東海道本線の車窓としてみたものが以下です。
品川駅を発車すると、従来のようにまっすぐ走らず、大きく右にカーブ。
車窓だと分かりにくいけど駅から見ると結構曲がってます。

カーブしてからしばらく走ると、
現在工事中の高輪ゲートウェイ駅に差し掛かります。

ゲートウェイを過ぎた先で、京浜東北線北行が山手線をオーバークロスして外側へ。

高架が終わればまもなく田町駅に到着します。

このように高輪ゲートウェイ駅につなげるために線路を切り替えていたようですね。
今までの線路は走れませんが、代わりに新線の今後に注目していきたいところです。

 

さいごに

3日連続で品川駅に通い、山手線と京浜東北線の線路切り替え工事とその関連を見てました。

何事もなく工事が進んで予告通りに運転を再開したこと、
作業に携わった方々には本当に頭が下がります。

これからも高輪ゲートウェイ駅にまつわる話題は出てくると思いますので、
私的範囲で取材した場合はまたブログ化しようと思います。

お読みいただきありがとうございました!