最初の投稿からすっかり時間がたってしまいました。どうも、鉄道系の書き物がなかなか見つからない鉄道フリーランス、わかばやしケンヤ(@keysTtime)です。1ヶ月も空いたから、ポッと出てきてさっさと消えたんだよねって思ったそこのアナタ!わたしゃなんとか生きてますよ(笑)。

前回の自己紹介では書いていなかったのですが、せっかくなのでこのブログのタイトルについてちょっとしたお話をしてみようと思います。

えぇ、このブログのタイトルは「ティーのすぺーす」ですが、なんで「ティー」なんだよ!?と思う人は少なくはないでしょう。「ケンヤ」だから「ケー」じゃないのかよ、ってところなんですが、これにはちゃんとした理由があります。

鉄道(Train)の「T」


はい、最初に一番大事なものを載せときます。鉄道です。トレインです!英語で書いたら「Train」なんです!大事なことなので3回言いました。

わたしがフリーランスを始めたのも、鉄道の面白さをもっと発信していきたいというのが大きな理由なので、「ティー」の最初の意味としてこれを掲げる理由としては十分だったんです。

どこのどの鉄道なら分かる…、ここだったら詳しい…。そんなんで満足していたくはないんです!日本全国のレールを駆けまわり、学生時代には会いに行けなかった鉄道をもこれからはたくさん訪ねたい。果ては日本を飛び出して海外の鉄道旅もお届けできないだろうか!?そのチャンスは無限に広がる、てゆーか広げる!

だからトレインの「ティー」は最初に持って来る要素なんですよ。

紅茶(Tea)の「T」


2つ目のティーです。これは読んでそのままですよね。お茶を英語にすれば「Tea」、本当にそのまんまです(笑)。

わたしが通っていた大学にはAO入試で入ったのですが、その時の課題レポートとして外国の文化がテーマとなり、そこで紅茶を選んだのです。高校の図書室でテーマどうしようと悩んでいるところに目に入ったのが紅茶の本………

「…これだ!!」

って思ったそれが始まりでした。晴れて入学した後からはまぁ~ゆっくりマイペースではあるものの、紅茶を淹れるのも趣味の一つになりまして、そこから二つ目の「ティー」として意味を込めました。

現在でもちゃんと茶葉から淹れてます。ティーバッグも使うけどね。そしておいしい淹れ方をこれまたマイペースに追求してる真っ最中でもあります。

なので、鉄道とは異なるわかばやしサンを象徴するものとして紅茶のティーを掲げています。もしあるのなら紅茶のご依頼もお待ちしてますよ。(ちゃっかり)

試してみる(Try)ことの「T」


フリーランスになってからはこれも大事になってます。試すこと、トライの「T」です。某大手企業とは何も関係ありません、念のため。

厳しい就活を乗り切って就職を選んだ他の大学生とは違う、フリーランスの道をとったわたしなんですから、仕事でも趣味でも日々いろんな物事に目を向けていかなきゃいけないんです。その途中で新しいことに出会う時ももちろんあることでしょう。

そんな時、新しい物事が怖くて何もしないのか、怖くてもできるだけ精いっぱい手を伸ばすのか。皆さんはどっちを採りますか?

わたしは当然、後者です。「迷った時こそ前に出ろ」です。

鉄道フリーランスとしていつでもチャレンジ精神を忘れないために、三つ目の「ティー」として試してみることを選びました。

3つのティーがあるからこそ


鉄道のティー、紅茶のティー、試してみることのティー、みっつのティーをこれからも大事にしたくて、ブログのタイトルにはケンヤの「ケー(K)」じゃなくて3つの「ティー(T)」を込めています。

フリーとしてはまだまだ発展途上なわたしです。ですが自分を象徴するものとして、そして自分と向き合うためのヒントとして、このブログ「ティーのすぺーす」ももっともっと展開してまいります。長い目で見てもらえればうれしいです。

お読みいただきありがとうございました!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です