今日の1枚


2018/5/16 JR東海道本線 大船駅にて

何気ない日常の中に、ひときわ見慣れぬ電車がやって来た。
彼の名は”MUE-Train”
その風貌は異彩を放つも、どこか懐かしい雰囲気を感じられる

 

 

 

気が付いたら「令和」になってしかもゴールデンウィークまで終わってやがりました、そんな中のケンヤ(@keysTtime)です。どうもこんにちは!

2回目の「今日の1枚」。今回は過去に撮った写真を引っ張って来ました。
以前にさりげなく撮っておいた、その名も「209系”MUE-Train”」!!
これで「ミュートレイン」って読むんですよ。

この日は本当に何でもないタイミングで大船に寄っていたので、これが来るとは全く予想してませんでした。新幹線でいうとドクターイエロー並みのレア車両!本当に偶然の1コマでした。
ので、ここで簡単な記録程度に、前面の写真を残しておきます。
…というかこれ1年前の今頃ですね。よくぞ残っていてくれた!

2018年5月16日撮影
JR 209系”MUE-Train” クヤ209-2
東海道本線 大船(おおふな)駅にて
PENTAX Q-S1
スタンダードズーム 5㎜~15mm

 

多目的試験車として生まれ変わった元京浜東北線


さてこの”MUE-train”、以前は京浜東北・根岸線を走っていた通勤型車両で、自分も209系を一番身近に見て育ちました。
ミュートレインの編成は、同線での運用を離脱した後に事業用車両としての改造を受け、2008年に再登場したようです。外観も、京浜東北線時代は水色のラインを纏っていましたが、白をベースにブロックパターンのあるラインに変更され、より個性的になってますね。

JR東日本の公式サイト(別リンクで開きます)によると、”MUE-Train”とは

MUltipurpose Experimental TRAIN

すなわち「多目的試験車」という意味を持ち、上の英表記で大文字の部分をとって“MUE-Train”と名付けられたそうです。

また、基本的には東北本線(宇都宮線)や埼京線を走行し、実際に車両が走るときのデータを集めているとのこと。ですが、事業用車両ということだけあり、詳細な運行情報は公開されていないようです。そりゃそうだ

なので、これからこの車両を見かけたら、その時アナタはラッキー!!
次世代の鉄道発展に向けた試験の最中ということで、期待を込めて見送りましょう。

もちろん、鉄道運行の妨げにならないようにご注意!

今回はここまで!
これくらいの短さですが、今後も気楽に「今日の1枚」続けていきたいと思います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です